×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英会話スクールを評価する英会話スクール鑑定隊 英会話スクール

 ホーム>>英会話比較・ランキング>>英会話スクール鑑定隊




       

英会話スクール鑑定隊 サイトより

みなさんはじめまして、Nokko & Alexです。 わたしたちはそれぞれ英会話スクールで、6年、8年とティーチングをしてきました。 その経験と、同じような立場の友人のネットワークからの情報で「教える側」と「学ぶ側」の両側からの視点での「英会話スクール情報」を提供していきます。 どうぞよろしくお願いします。 よく「どこかよい英会話スクールありませんか?」と聞かれます。 『よい英会話スクール』とはどんなスクールなのでしょうか? 広告の表現やTVコマーシャルでは判断できません。カリキュラムやシステムでもありません。 なぜなら広告というのは「こうすれば人が集まるだろう。」という手法に過ぎませんし、カリキュラムやシステムは理屈にしか過ぎないからです。 言えるとすれば、教えてくれる先生が良い先生であれば、楽しくて有意義なレッスンを受けれるということです。 それでは、良い先生がいるスクールとはどんなスクールなのでしょうか。 それは経験上、職場環境にあると考えます。 カリキュラムやシステムどおり、つまり講師研修と同じレッスンが毎回実現されれば、生徒は大満足なはずです。そこにマイナス要因を与えるのが彼らを取り巻く環境なのです。 職場環境というのは、スクール経営者の思考が如実に反映されるものです。 そして職場環境はサービスに影響をもたらします。 良い職場環境のところには良い先生が集まり、先生もヤル気が出て、生徒はよいレッスンを受けれます。 「職場環境」といった情報はそこで働いたものでしかわかりません。 私たちはそこにスポットを当てます。 従来の「足を使った調査」に、今回のコンセプトである「英会話スクールでの講師経験者」「講師同士のネットワークから入ってくる情報」という、いままでにない視点を加え、いままでにないスクール評価をお伝えできるものと考えています。 しかしながらあくまでもそれは情報です。『よいスクール』は人によってとり方が違います。 だからこそ多くの英会話スクールがあるのですから。大事なのは、自分で足を運び、雰囲気を感じ取り、自分で判断することです。 そして判断したら、ご自分の選択を信じてガンバルことだとおもいます。

          サイトはここ
          ホーム